English Talk

Make good use of your spare time to learn English.

Tinder関連の記事を使って英語を学ぶ

今更って感じやけど、多分まだやってる人結構おると思うから書くわ。

Tinderってのはアプリのことで簡単に言うたら出会い系(dating app)やけど、外国人の利用率が高いから英語使う機会を得るには手っ取り早いアプリでもある。

それに出会い系言うても普通に同性同士でもやり取り出来るし友達作るんでもいい訳で実際私もこれでアメリカから大阪に旅行に来てる女の子と連絡取ってお好み焼き食べに行ったこともある。

だから自分の目的に合わせて使えばいいねん。

使い方を英語で軽~く説明してたやつが"BUSTLE"ってサイトの記事にあったから引用すると、

You see a few photos of someone, read their bio, decide if you're attracted to him or her, and swipe accordingly. That's how you're supposed to use it.

引用元:

I Swiped Right On Everyone On Tinder For A Day, And Here's What Happened

 

基本的には自分の顔写真を載せなあかんから、抵抗ある人は無理やな。別に載せんでも使えるけど見た目で判断されるからあんまりマッチせーへん。マッチするまでメッセージのやり取り出来へんからマッチせんかったら意味ない。

写真を見てプロフ見て気に入ったら右にスワイプ、興味なかったら左にスワイプ。

bioって言うのはbiographyの略で要するにプロフを意味します。

swipe right/left on someoneで誰かを右/左にスワイプする。

matchしたら後は普通にメッセージするだけやねんけど、この引用元の記事にあるように適当にswipe rightしまくってる人もおるからmatchしたけどやっぱ気に入らんわってなってweed out/unmatch(いらんかったらマッチしても消せるしこっちが消したら相手の画面からも自分が消える)されたりして意外と簡単には知り合えへんかもしれんけどな。

 

ここからは引用元の記事を使ってちょっと英語のお勉強をしたいと思います。

一緒にお勉強したろかなって気になった人は引用元のリンクを読んでみて下さい。

全部理解出来たら一緒にお勉強してくれなくて結構です(´・ω・`)

 

思ったより記事のボリュームがあったのでだいぶ長いです。覚悟して下さい。

 

 

IMHO = in my humble opinion  私見では(謙遜して自分の意見を述べる時に使う)

bizarre 変な、奇妙な (結構ネイティブが使う単語です)

picky 好き嫌いの激しい、選り好みする (ここではTinder上の男を厳選してる感じ)

jerk 嫌な奴 (Tinderにはキモイ系もいっぱいいるから注意してね)

subject oneself to  ~ に自分自身をさらす (subjectって単語は色んな意味があるけど、ここでは自分をmisogynistsと接触させるという意味)

misogynist 女性軽蔑者、女性を軽く見る男

creepy キモイ(gross!と同じ感じで使えるけどcreepyはもっと幅広く使えてゾクッとする怖い不気味なものとかにも使える)

broaden my horizens 自分の視野を広げる

pigeonhole 分類する、型に嵌める (ここでは自分が同じような人とばっかり話をしがちやから、視野を広げる=違った人と話す には良いエクササイズになると言っている)

just for kicks ただスリルの為に、刺激を求めて

shake up my routine 同じことの繰り返しを断ち切る(この前に出てきたbreak up the motononyと似たようなニュアンス。因みにこの記事には出てないが in a rut は「マンネリ化した」と言う意味。I am growing tired of the same routine day in and day out. =毎日毎日同じことの繰り返しで嫌になるわ。)

venture forth into ~に思い切って臨む

overwhelming 圧倒的な(この単語もよく聞きます。イメージとしては大きいものとかすごい数の何かが迫って来た時に、うわー!ってなる感じ。ここではマッチして一気に色んな人からメッセージが来たら対処しきれへんから自分から会話は始めないというルールを作ったと言っている)

on a level playing field 公平な立場で

as I see fit 適切やと思えば (この記事ではわざとみんなに愛想良くせーへんけどそうした方が良いと思ったらそうするでってこと)

be confused AF めっちゃ困惑する(AFとはas f**k の略で汚い言い方で強調したい時に使う。クソおもんないわーって言う時のクソのニュアンス。中には急にメッセ来やんくなって怒り狂うヤバい奴もおるからね)

soldier on 辛抱強く続ける

comfort zone ストレスのない楽な環境(最近は日本でも自己啓発関連の話とかでそのままコンフォートゾーンって使われてるしこれからもっと広まっていく言葉なんちゃうかなーと思う。こういう楽な環境はええねんけど、やっぱだらけてまうしストレスはある程度ある方が自分にとってプラスになるやろって考えから get/step/break out of one's confort zone 「コンフォートゾーンから抜け出す」という言葉で使われることが多い。

この文章では to take me out of my comfort zone となってるので自分をcomfort zoneから取り出すって事)

intrinsic to ~に本来備わって(ここではこのdating appは本質的にsexualな文脈もあるけどって言っている)

wind up with 切り上げる(windの過去形はwoundです)

like me back 誰かが「いいね」し返してくれる

TBH = to be honest 正直言って

I don't say this to brag 自慢してる訳ちゃうけど

vibe(s) フィーリング (この記事ではsideboobの写真を載せたからいい感じに思って「いいね」してくれたんかもって書いてるけどそんな写真載せたらcreepy jerkばっかり寄ってくるから英語学習に使うねんやったらやめた方がいいで)

pop up 画面上に通知が出ること(今のTinderはスワイプ中にメッセが来た時にいちいちスワイプを続ける"keep playing"ボタンなんか押さんでもいいと思うけど前はそういう仕様やったんかな?それでいちいち中断されてスワイプに集中出来へんからイライラしたと言っています)

one of those girls よくいる女性のうちの一人(どちらかと言うと悪いニュアンスでその辺の女と同じような女ということです。)

wait around for guys to make the first move 相手が最初のアクションを起こすのを待つ(男性側が最初にメッセージをくれるのを待つ女性が多いみたいですね。ここでは筆者がone of those girlsだと誤解される前に普段は先に自分からメッセ送るタイプやけどここでは実験の為に送ってへんだけやでって言ってます。)

slippery slope 危険な先行きこれは面白い単語を発見しました!個人的に今日一番の収穫かも! slippery slope argument の事で、やっても良いことやけど1回この例外を認めてしまえばいつか全部がそうなってまうんじゃないのかっていう推論。アルクによる解説では、新しい制度などについて「それ自体は悪いことではないとしても、それをきっかけに物事がどんどん悪い方向に進む危険性を秘めている」という慎重論 となっています。ここでは1回だけズルして左にスワイプしたくなったりもしたけどslippery slope つまり1回左にやったら2回目も左にスワイプしてしまう危険性 を避けてそれはしなかったと言っている。)

cringe-filled めっちゃ嫌気がさす、ドン引きする(cringeって嫌な感じがして身がすくむ、気が引けるイメージです。訳しにくいわ。その後ろに-filledがついてるからそんな感じいっぱいの って言う形容詞です。)

lead someone on 誰かの気を引く、変に期待させる(そんなつもりじゃないのに相手に期待を抱かせること。)

uneducated 教養のない、学歴の低い(逆に学歴の高い人、賢い人はwell-educatedです。日本ではあんまりないけどアメリカではbioに自分でwell-educatedって書いてる人は結構います。やっぱり頭の良い人は人気みたいです。)

If I'm being transparent 率直に言って(transparentって透明って意味やけど、自分が透明人間やったら、とかいう意味とちゃいますよ。透明=明白=正直、率直と考えて下さい。ちなみに透明人間はinvisible personです。透明は英語でスケスケのスケルトンだと思う人がいるけどskeletonは骸骨って意味になるから気を付けて)

in the slightest これっぽっちも

for the sake of ~の目的のために

the messages to roll in どっと流れ込んでくるメッセージ(roll inと言うと次々と転がりながらこっちにやってくるイメージです。)

spree バカ騒ぎ、OO放題(次々に何かをしまくるイメージ。ここではswiping spreeと言ってるのでアホみたいにスワイプしまくること。shopping spreeと言うと爆買い)

bail on すっぽかす(キモイ奴らから来たメッセを見てたらこの実験は途中でやめてたやろう と言っている。)

waste no time in ~ 早速~する

I could not bring myself to ~する気になれない

start in on 取りかかる、着手する

rant 暴言(ここで言ってる"nice guy" rantはこの記事で述べてるstereotypical "nice guy"のことだと思われる。自分ではnice guyで女性からの返事があって当然だろって思ってるけどそんなチャンスのない残念な人)

move on 次に行く、先に進む(恋人と別れた後などに使う「次行こ、次!」の感じ)

it goes to show だということを証明している

peachy 調子が良い、絶好調の(How are you?って聞かれた時にも使える。桃は関係ない。ここではうまく行くと思ってた自分がナイーブだったことがit goes to showだと言ってます。naiveは世間知らずとか、経験不足から来る愚かさを意味し、傷つきやすいとか繊細という意味はありません。)

All in all 概して、全体として(結論を述べる時に使われる)

be left with ~という感情が残る(直訳すれば「~と一緒に残される」やけど日本語でこんな言い方せぇへんから訳しにくいわ。"I was left with exactly what I should have expected"とは、まさに予想しておくべきだった結果が残った という意味で、どんな結果だったかは次の文で説明されてます。)

photos of only their abs 腹筋だけ写ってるの写真 (absはアンチロックブレーキシステムの略じゃなくてabdominal musclesの略です。鍛えた筋肉の写真はTinderあるあるですね笑 hookup目的以外の女性にはあんまりウケは良くないみたいです。もちろん腹筋が割れてるのは良いねんけど、それを自慢げにアップしてる事に引いてる女性は多い。)

right off the bat 直ちに、すぐに

get away with 上手くやってのける(女性がswipe rightをしまくったらキモイ奴からのメッセに嫌気がさす結果になるけど男性が同じことをしても女性からそんなメッセが来ることがないから上手くやれるんじゃないかって事)

at one's leisure 暇な時に、時間のある時に

sell oneself short 自分を安売りする(安売りとは言えcheapじゃなくshortを使います)

 

あー疲れた!

リアルな英語教材からtake away出来るものはこんなにもいっぱいあります。

知らん単語や熟語だらけや~

 

 

 

 

 

 

 

子供が1人で!?

文化の違いって色々あるけど、外国の人が日本に来てびっくりすることの一つに小さい子供が一人で電車に乗ってるってのがあるらしい。

 

I see children as young as 6 riding the trains by themselves in Tokyo!

 というコメントがあった。

「東京では6歳くらいの子供が自分一人で電車に乗ってるんですよ!」

 

学校まで親が車で送り迎えが当たり前の国の人からすればこんなん見たら心配になるやろうな。

とは言え、日本ででも安全とは言えへんけどなぁ。

 

電車に乗ってる状態を言う時は take じゃなく ride を使うそうです。

 

*see someone -ing  誰かが~してるのを見る

 

広告を非表示にする

価格は為替レートによって変わります。

海外との取引をしてる時や海外のお店から何か買う時は考えざるを得ない為替レート。

 

トランプが次期大統領に決まった当日は100円割るんちゃうかと期待したドルも翌日から高くなって行ってついに110円代...

あの日に買っておきゃぁ良かった(´°̥̥̥̥ω°̥̥̥̥`)

 

それはさておき英語で

価格は為替レートによって変わります。

というのは何て言うんやろ?

 

Price varies with currency exchange rates.

 

言い方はこれだけちゃうけど、とある通販サイトから拾って来ました。

お客様は神様ですか?

お客様は神様です

っていう言葉があるけど、英語にもそんな感じの意味合いのフレーズがあった!

The customer is always right.

お客様はいつも正しい。

 

さすがにGODとまでは言わんわな。

 

接客業やってたら思うけど、

神様でもなければいつも正しいっちゅうこともないってのが実際のところ。

 

どこで働いてても訳の分からん客は来る訳で後で誰かに愚痴りたくもなるやろ。

そんな時はこのサイト!

Funny & Stupid Customer Stories - Not Always Right - Funny & Stupid Customer Stories Funny & Stupid Customer Stories – Not Always Right

このサイトでは接客業やってる人が、

「ちょ、聞いてーこんな客おってんけどー!」

っていう内容を投稿してて読んでておもろいしリアルな英語も学べるからオススメです!

あれ何て言うんやっけ?は英語で何て言うんやっけ?

英語どころか日本語の単語すら思い出せへんとか、英語やったら分かるのになぜか日本語で何て言うんか分からんとか、最近物忘れが激しい・・・

 

そ~んなあなたに、便利なフレーズを紹介します!!

あれ何て言うんやっけ? って英語で何て言うんやっけ?f:id:thoughtprovoking:20161118095532p:plain

 

 英語では、

 

What is that called?

 

What's the word?

 

What was that?

 

Whatchamacallit?

 

っていうらしい。

 

因みに、今日のタイトルみたいに単純に英語で何て言うか知りたい時には、

How do you say あれ何て言うんやっけ? in English?

 

物の名前とかやったら、

What do you call 〇〇 in English?

 

って聞けばいい。

 

これを駆使することによってボキャブラリー不足を誤魔化して、
「うわ、あの人めっちゃ英語喋ってるやん!すげー!」
って思われるはず・・・

 

 

ただ、

 

もし相手が日本語分からん人やったら、〇〇の部分がどんなヤツなんか英語で説明せなあかんことになるからやっぱり事前にある程度のボキャブラリーはいるんちゃうかなと思います(´-ω-`;)ゞ

 

 

楽しみながら覚える

今年もあと1ヶ月半も残ってないけど結局今年も、毎年掲げてる新年の抱負、

英語喋れるようになりたい!!

は達成出来ず来年に持越しとなる見込みです。

 

個人的には喋れるようになるには英会話と平行して読む方も大事なんちゃうかと思います。

でもあんまり読むのっておもんないしな~。

英字新聞の記事とかネットで読んでた時期もあったけどあんま続かへん。

 

まぁでもこれで勉強するって決めやんでも自分の興味ある話題のやつを読めばいいだけやなって思った。日本語が英語に変わるだけのことやん。

 

さっき見つけたやつ。

A Cup of Jo

結構色んな話題あるしデザインもオシャレやしええ感じやった。

〇〇恐怖症ってある?

って記事読んだけどおもろかった。

私はちょっとtrypophobiaかもしれんわ!記事に検索するなって書いてたけどこの単語は知らんかったからググったらその画像出るから危険!

ちっちゃい丸い形がいっぱい集まってるやつです。

 

あと、A cup of joe って coffee ってゆう意味らしいけどそんな頻繁に使わんと思う。

毎回コーヒーのこと A cup of joe 言うてたらウザいんちゃうかな、知らんけど。

 

 

広告を非表示にする